携行品はいぬ2匹

全盲になってしまったジャック(レオン) いつも2人と2匹は一緒!神奈川でフライボールをやっているよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

成長板早期閉鎖症な僕

生後7ヶ月と1日経った日





手術当日の海



海は骨切りの手術を受けた



病名は
成長板早期閉鎖症

以下が海の病気の説明になります。

病名を検索すれば他にも色々とありますが、わかりやすい説明だと思うので




橈尺骨成長板障害


前足を構成する骨には上腕骨や橈骨、尺骨などがあり、これらは成長期に太く・長く伸長します。
骨が縦方向へ伸長するとき、骨の両端にある「成長板」と呼ばれる場所を基点として骨が作られていきます。橈尺骨成長板障害では、橈骨または尺骨の「成長板」へなんらかの障害が加わり、正常な骨の伸長が起こらなかった結果、橈骨と尺骨の成長が不均衡となります。





飼い主さんが気付く異変(臨床症状)
前足が湾曲してきた
前足を挙げたままで痛そうに歩く
肘を曲げたときにジョリジョリと変な音がする
成長板損傷時の平均年齢は4 ヶ月とされていますが、実際は損傷後1 ~ 2 ヶ月たってから、湾曲などの異常を理由に来院することの方が多いみたいです。そのほか、二次的な変形性関節症を生じた老齢の犬が来院することもあります。




左手の湾曲が目立ち始めた頃。生後6ヶ月の海




診断と治療法

上記臨床症状に加えて、身体検査、レントゲン検査などにより診断します。
治療法は内科的治療法と外科的治療法がありますが、歩行や触診時に痛みが生じたり、肘関節の亜脱臼や橈尺骨の変形が進行している場合は外科的治療をお勧めしています。(内科的治療では改善傾向がみられるかどうかは予測不能であり、可能な限り外科的に骨の整復をすべきだと考えています。)

外科的治療としては、各病態によって多岐にわたりますが、その症例の状態に合わせて選択し ます。治療指針を立てるうえで重要となる病態と代表的な手術法を以下にあげておきます。



手術法

尺骨骨切り・骨切除
一期的橈骨延長
一期的変形矯正・固定
創外固定による持続的変形矯正・延長etc




生後4ヶ月くらいに成長が止まる事が多く、6ヶ月頃に症状が表れやすい

おや?と思ったのが生後6ヶ月頃



病院で診てもらい、先生の説明を受け1週間ごとの通院で治療方針を決めましょうと言われた時、手術する事になるとは感じていた。





術前のレントゲン。
肘関節に隙間がある状態、このまま症状が進むと亜脱臼などを起こしやすくなるそうだ



1週間ごとの通院の結果

海に骨切り術を受ける事を決めた。




決めてから手術までの毎日



『これでいいの?』
『もう少し様子をみたら…』
『本当に必要な事?』



繰り返し、繰り返し自分に問いかける


それは手術当日の病院の待合室でも続いていた



これでいいんだよ

そう聞こえた心の声は、とても小さく弱かった…





ランキングに参加してま

画像をクリックしてね
にほんブログ村 犬ブログ フライボール(ドッグスポーツ)へ




スポンサーサイト
  1. 2014/08/31(日) 14:35:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。