携行品はいぬ2匹

全盲になってしまったジャック(レオン) いつも2人と2匹は一緒!神奈川でフライボールをやっているよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

多頭飼いを考えた経緯

多頭飼いを考えている人へ、


今回は犬話だけではなく、個人事情がメインなのでスルーしてくださっていいですからね





ぐり家が2頭目のみなみを迎えた時、レオンは4歳5ヶ月だった


2頭目を飼うまで、かなり躊躇した


なぜならレオンの躾面でかなり苦労をしたからだ


PAP_0090_20100616144112.jpg


2頭目が来ても、又、一からぐりが苦労しなければいけないのか・・・・(のりさんは躾には不参加)

そんな思いもあったし、レオンが2匹目と上手くやっていけるのかが心配だったのもあった


twitter_icon_cb18490e9f65e5e5f2ef7cbdbc626994.jpg  みなみ


相性が最悪だったらどうしよう・・・・


どちらかが強いストレスを感じて壊れてしまわないか?


PAP_0041_20100527161725.jpg


犬が壊れてしまうのが一番の心配だったのだ・・・・


ぐりのブログで良く話すレオンの幼稚園での先生は「いつか迎えるであろう2匹目の為にできる事」とテキストにも書かれていたのだが、あれもこれもと考えると余計に躊躇してしまう


劣等生のぐりは、上手く出来る自信がもてなかった


レオンを迎えた時とは違う


トイレの方法、他の犬との付き合い方、遊び、してはいけない事、歯磨き、シャンプー、爪切り、乗物に乗る事、食事・・・・・解っていて出来ることと、そうでないでする事では雲泥の差である


PAP_0084_20100506104318.jpg


自信の持てないまま、2匹目はどんな子がいいかな~

この子、かわいいなぁ~・・・・環境の変化もあったりして、何気なく探すようになっていた


実家の父が急死し、翌年には同居していたのりさんのお父さんも長期闘病の末亡くなってしまった


家の中が、急に広く寂しく思えた


のりさんも2匹目を考えるようになっていたのだ


SN3400330001_convert_20090406205126.jpg


そんな2人の希望で、みなみが家に来た


レオンがいてくれなければ乗り越えられなかった悲しみも、みなみが来てくれた事で更に和らいだのが解った


2人は犬に救われた気がした


そう・・・・・ありがとう・・・・更なる悲しみにも耐えられたのは、君達のお陰だよ
あれ、なんだかしんみりしちゃった・・気にせずスルーしてください。



ランキングに参加しています
応援のクリックお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村












今日のおまけ

CA3C0001_20090708110810.jpg

それから一年後、実家の母がガンで亡くなった

一年に及ぶ闘病生活は、家族にとっても辛い日々だった・・・・たった2年の間に親が全て他界してしまったショックは未だに癒えてはいない。
形見のウクレレを弾こうと思いながらも、込み上げる思いによりケースから出さないままなのだ
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:飼い主の日常生活 - ジャンル:ペット

  1. 2010/06/18(金) 23:11:52|
  2. ぐり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<県立秦野戸川公園にGO | ホーム | みなみ先生の水泳教室《目標》>>

コメント

NoTitle

ふっちぃ様

犬を飼うようになった中で、犬語が少し解ってきた時から、思うように行かない時でも根気良くやろうと思え、犬馬鹿生活は始まったように感じます

未だに誰もいないウミベノイエが片付かないのですが、そろそろ重い腰をあげようかな~
そんな気持ちになってきた所ですね
普段の生活の中で、かなりたすけられているなぁ~と思う此の頃です
  1. 2010/06/22(火) 21:09:56 |
  2. URL |
  3. ぐり #I4t1ZHtI
  4. [ 編集 ]

みんな、多かれ少なかれ、いろんな「思い」を抱えていますよね。
ワンコを迎えるって、容易ではないし、半端ナイ。
私も、2年前に、散々、自問自答を繰り返し、散々、悩み抜いて、るぅを迎入れました。
そして今、思うのは…
るぅが居てくれて良かった。
るぅで、良かった。
私も、るぅがいなかったら、今の自分はいなかったと思います。
  1. 2010/06/22(火) 03:25:30 |
  2. URL |
  3. ふっちぃ #GSlkRp6Q
  4. [ 編集 ]

NoTitle

ハラマキ様

個人的な感情が多い内容で申し訳ありません

でも、2匹がいたから外へも出たし、人とも普通に付き合えたように思えます
そうでなければ今の私はないのですから・・・・
  1. 2010/06/20(日) 15:02:18 |
  2. URL |
  3. ぐり #I4t1ZHtI
  4. [ 編集 ]

NoTitle

りふぉんママ様

初めてママさんに会った10日後に母が亡くなりました
御殿場は、自分的にはかなり無理をして参加したうじゃっくだったので、今思い返せば無理をしてでも参加して良かったと思っています

未だに立ち直れてはいないのですが、湘南会などの出会いがぐりの救いだったかも
じゃなければ、家から出られなかった気がするな~

多頭飼いは、飼い主が犬に掛けられる時間があるかどうかによると思います
時間が設けられないのであれば、避けた方が良い
犬の為を思うならばね
  1. 2010/06/20(日) 14:59:19 |
  2. URL |
  3. ぐり #I4t1ZHtI
  4. [ 編集 ]

NoTitle

はなちゃんママ様

まさか、2年間で双方の親が亡くなってしまうなど、思いもしていませんでしたから立ち直るのに時間がかかりました
はなちゃんママも、振り返ると大変な一年でしたね

ぐり家だって、今まで平穏無事で来た訳ではないから、はなちゃんママの苦労を少しではありますが理解しているつもりです

ワンコの癒しパワーはありがたいですね
  1. 2010/06/20(日) 14:52:39 |
  2. URL |
  3. ぐり #I4t1ZHtI
  4. [ 編集 ]

NoTitle

動物の純粋な心に癒されるのですよね
ぐりさんのりさんの寂しい気持ち、この兄妹がたくさん引き受けてくれたのですね。
かけがえのない家族なんですよね
  1. 2010/06/19(土) 17:24:17 |
  2. URL |
  3. ハラマキ #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

きっかけっていうのは それぞれだね~
あとから 考えると・・・っていうのは あると思う。

うちも 父が闘病してて 大変だった時期に 前のワンコがなくなり、大変なのに りふぉんを迎えて・・・

でも やはり それで よかったと思う。

父が亡くなって 沈んでいる母に かける言葉もなくて りふぉんをダシに 外へ連れ出すことができたから。

多頭飼い、これは 私の問題。
我が家は ワンコの世話、全部 私だから 年と体力を考えれうとね~~(笑)
  1. 2010/06/19(土) 08:41:29 |
  2. URL |
  3. りふぉんママ #UoJDqtOY
  4. [ 編集 ]

お話には聞いていましたが、大変な時期を過ごされていたんだなあ…と改めてシミジミ。
私もこの年末年始はそれまでの十年分のツケを背負ったかのような怒涛の日々でしたが、はなちゃんがそばにいてくれなかったら一人で乗り切ることが出来たか自信がありません。
多頭飼い…私も考えることがありますが、もう少し生活が落ち着いてからかな。
  1. 2010/06/19(土) 00:03:44 |
  2. URL |
  3. はなちゃんママ #sktWpA2Y
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://a0014.blog35.fc2.com/tb.php/300-0df9c670
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。